キャンプブームによってキャンプ場がかつてない賑わいを見せている今、ソロキャンパーにとって自然のなかで空間や時間をひとりで過ごす本来の醍醐味が味わえないこともしばしば…。 そこで、ソロキャンプの醍醐味が楽しめるとして注目されている「野営」を紹介いたします! 法律では、 川も海と同じで〝国民のもの〟として河原での焚き火は基本的に認められています 。 しかし、実際には 『焚き火禁止』や『火気使用禁止』の場所が多いです。 バーベキューがニュースで 取り上げられる時に 必ずと言っていいほど 撮影されるのが河川敷での バーベキューですが、 スピーカーを置いて 大音量で音楽をかけたり、 大勢が集まって騒いだりなど 地域に住んでいる住民でなくても 眉をひそめてしまいますよね。 では、これらの迷惑行為には どう対処すればよいのでしょう? 焚き火、してもいいんですね。(と、ちょっとビックリ。) ところで、野焼きは防火の観点から禁止されていたのかと思いきや、根拠法令は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」なので、大気汚染の防止が目的なのです。 焚き火に関係する法令. キャンプと言えば焚き火、焚火と言えばキャンプと言っても過言ではないと思います。 日ごろからキャンプに行けば火を焚いて焚火をするのが当たり前に感じていますが、法律的にはどうなんでしょうか?ふと思ってしまいいたので今回は焚火を法律面から考えてみたいと思います。 焚き火のエネルギーは強力です。お湯はすぐにカンカンに沸き、ずぶ濡れの服もぱりぱりです。そして橙色の火を見て語り、黙り、思索する時間の尊さよ。マッチ一本カンバの皮一枚で火をおこす身体能力の尊さよ。ぜひ焚き火をして山と融和して欲しいです。 家以外でも、例えば河原や海岸、公園で焚き火をするのはどうなんでしょうか? 廃棄物処理法以外にも、関係する法令をピックアップしてみます。 軽犯罪法. たき火が法律に違反していると思っている人が本当に多いのでしょうか?国の廃棄物に関する法律で、廃棄物の焼却禁止に関して「家庭などでの軽微なもの」は除くとなっており、たき火は合法なのですが、なぜ違反だと思う人がいるのでしょう 焚き火で焼いた、焼き芋は格別ですよね。 子供のころは、そこらじゅうで 「焚き火」 をしました。 しかし、近年は焚き火を見かけませんよね? しかも、 焚き火は法律違反 なんて事も耳にします。 果たして法律はどう定めているのでしょうか? 軽微な焚き火 ※ただし、例外として認められている焼却行為についても、煙や臭いなどによる周辺環境への悪影響が無いことが前提です。周辺地域の市民の生活環境に広く影響があると市が判断した場合には、指導の対象となることがあります。 焚き火は基本的には土地の所有者であれば禁止することができます。 自分の土地に 無断で火をつけられるのを喜ぶ人は多くないでしょう。 特に山の中では、枯葉や枯枝など火のまわりやすいものが沢山あり、人の目につかない場所も多々あります。 消防法は分かりにくい表記だったのでWikipediaを引用します。 野焼きや焚き火は消防法3条の類推適用となる可能性がある(罰則あり。 キャンプと法律. [CDATA[ 自宅の庭で焚き火やバーベキューをすると法律違反になるのかを徹底調査!庭で焚き火やバーベキューをする場合の各種の法律(消防法や軽犯罪法・条例・廃棄物処理法)についてまとめています。公園や河川敷では大丈夫なのかも一緒に解説しています! 童謡にも歌われているように、焚き火は秋から冬にかけての風物詩ともいえる風景ですよね。庭にたまった落ち葉や木の枝を集めて、焚き火を楽しむ方も少なくないのではないでしょうか。でもこの焚き火、実は法律違反になるかもしれないことをご存知でしたか? 「最新産廃処理の基本と仕組みがよ~くわかる本」の著者 尾上雅典がマニフェストや委託契約の基本、廃棄物処理法の押さえておくべきポイントなど、廃棄物管理に携わる人に 必須の知識をわかりやすくご解説いたします。 河原や海岸での焚き火は条例等を確認 山の上から眺めるカラフルなテント村はなかなか壮観。流行りのソロキャンプをしている人も結構いて、日の暮れぬうちからあちらこちらで焚き火の白い煙が上がって … 軽犯罪法は、軽微な秩序違反の行為(33個)についての法律です。 河川敷の管理については その規模によって 一級河川、二級河川、準用河川、 普通河川と区分されているのですが、 一級河川は国土交通省、 二級河川は都道府県知事、 準用河川は市町 … 火を焚いたり火を燃やす事や火を指して、木の枝や落ち葉、薪などを地面その他の一箇所に集めて燃やすことも含み、落ち葉を使った焚き火は落ち葉焚きといって、基本的に直接に地面で行われるが、キャンプなどでは専用の焚火台が用いられることもある。 まあ、簡単に言えば直火でも、焚火台使用でも火を起こすこと自体が焚き火という認識でOKだと思います。 法律は守っていても、見る人によっては危険とみなしてしまうかもしれません。 例えば、河原で焚き火をしていたら急に消防隊員が訪れて来た(通報を受けてやって来た)という話も聞いたことが … 5、焚き火の後は完全抹消、ゴミは持ち帰る . 釜の淵公園 は東京都青梅市にある市が管理する公園で、公園内での焚き火など火の使用は不可ですがその周りを流れる多摩川河原は公共のフリースペースとなっておりバーベキューの利用者も多い河川敷で … ... それ以外に条例や法律で野営・焚き火が禁止の場所もある。 ... で来ている河原。今回は野営をしてみた。 整備されたキャンプ場は快適だけど、昨今のキャンプブームで人が多いところは苦手なんだよね 貸し切りの大自然。 河原は少々難しく 村など地域でキャンプや焚き火を許可・黙認している場合も多くある 逆に砂利や砂を採取する建設会社が入っている場合などは最悪で カヌーで河原に上陸しただけで怒鳴られる場合も有る 富士川は最悪な例の一つでしょう まあ苦労も多いよ この法律がある以上、相当の注意をしても自宅で焚き火をするのは、個人的には リスクが高過ぎると思います。 消防法. // ]]>, 富山県発!家族6人のファミリーで格安キャンプを全国的にドタバタ展開しています~w 我が家も常日頃から、キャンプの際には何も考えず焚き火を楽しんでいたり、自宅のパティオ横にあるDIYで作ったレンガ造りコンロでBBQを楽しんだり、水の奇麗な清流の河原で水遊びをしながらBBQを楽しんだりしています。, 今まで消防法や河川法といった法律面の事を考えた事が無かったので、今回は楽しいアクティビティのひとつである焚き火について、法律面で考えていきたいと思います。, 火を焚いたり火を燃やす事や火を指して、木の枝や落ち葉、薪などを地面その他の一箇所に集めて燃やすことも含み、落ち葉を使った焚き火は落ち葉焚きといって、基本的に直接に地面で行われるが、キャンプなどでは専用の焚火台が用いられることもある。, まあ、簡単に言えば直火でも、焚火台使用でも火を起こすこと自体が焚き火という認識でOKだと思います。, 日本では春先のまだ草本の新芽が出ない時期に、野山の枯れ草を焼く事が多く、山焼きともいうが、田の畔や、河川敷を焼くことも野焼きということもあり、また、野焼きを行うことで自然の初期状態に戻し、新たに出る若草のための肥料としたり、農業害虫を焼き殺す効果も期待される。, ようは、焚き火と同じ火を使う行為だが、基本的には農業的もしくは伝統的な広範囲における地面を焼く事を意味した焚火行為と考えた方が良いですね。, ただし、野焼きの場合は森林法により、森林等の野焼きを行う場合はその所在地の市町村長の許可を得なければなりません。, そして、平成13年施行の廃棄物の処理及び清掃に関する法律およびそれに基づく「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」では、風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却や、農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却など以外は禁止されている。, 昔よく田舎で見た田んぼで、紙類や、生ゴミ、家具を燃やす行為は今や法律違反なんです!, また、同法により違反した者は五年以下の懲役若しくは一千万円以下の罰金又はその両方を科せられる。, そして、実際この野焼きで近年でも数回事故が発生し、死亡者も出ている訳なので禁止にせざるを得ないですよね。, ちなみに直火ではなく、焚火台を利用して焚き火をしていて、強風で広範囲にわたって火が広がる危険性もあると思うのですが、そういう場合はどうなるのでしょう?, これも、過去に実際あった例で考えると、刑法の失火罪または重過失失火罪が成立するようです。, また、林野庁によれば、2010〜14年に発生した林野火災(山火事)の原因で、もっとも多いのが、「たき火」(30.4%)だ。次に「火入れ」(14.4%)、「放火」(10.4%)になっているので、焚き火をする際はよく注意して行う必要性があると思った方がいいですね。, まずは、いつ何時燃え広がったり事故が起きたり分からないので、常にすぐ失火出来るように準備をしておく事が重要です。, さすがに、荷物が多くなるキャンプでバケツを用意するのは難しいかもしれませんが、ウォータージャグや、ペットボトルで水を確保しておく事は可能なので、そういった準備をしておきましょう, もちろん、風防をする事である程度の対処は出来るかもしれませんが、急に風向きが変わったりする事も考えられるので、強風時には極力焚き火を控えるようにした方が良さそうです。, 地面が、土や砂利なら特に問題はないですが、秋口の落ち葉が多い時期などに焚き火をすると急な突風で落ち葉に引火する事例も多いので、引火する可能性がある物の近くでの焚き火はやめましょう。, そして、雨が降っていない時期などは、周囲の乾燥状態も十分に考えて安全配慮をして焚き火を楽しみましょう。, 焚火の注意点は分かったけど、キャンプ場や、河原、自宅で、焚火&BBQをする行為自体は法律違反にはならないのでしょうか?, 基本的には、公有地・私有地を問わず、法律および各自治体の条例によって焚き火、野焼き行為が法律・条令によって制限・禁止されている事が多いです。, 根本的な内容とすれば、適切な場所で、適切な許可を得て、適切な方法で、焚き火をするなら認めらる事が多いです。, 焚き火の出来る決められた場所で、キャンプ場のルールを守って、直火禁止の場合は焚火台を使って、焚き火をするなら問題なく認められるという解釈で良いと思います。, まず自然公園エリア外の河川で、河川法の範囲内で、直火ではなく焚火台を使用するなら、焚き火&BBQは認めらます。, 自宅の敷地内の近所に迷惑が掛からない場所で、市町村条例の範囲内で、焚火台を使用する場合だけ認められます。, 直火は野焼きに分類され、焚き火台を使わない直火は場合によっては法律違反になり得るからなんです。, 確かに、法律の範囲なら法的な問題はないのかもしれませんが、焚き火によって被害を感じる人や不快に思う人がいると考えるべきです。, 例えば、キャンプ場で焚火している際に、風が強くなってきて隣のサイトに煙が行くなどした場合は、焚き火を止めるのがマナー&モラルある行動だと思いますので、自分だけと考えずに周りを配慮したうえで、焚き火を楽しみたいですね!, 最後に、河原で焚き火やキャンプをする場合は、その河川管理事務所に確認のうえ使用するなどのをされた方が、条例違反などのトラブルに巻き込まれる事がないので、必ず確認する事が重要ですよ!, //