公立・私立によっても変わってはきますが、ぜひ参考にしてくださいね♪, オーストラリアやニュージーランドと同じオセアニア圏のフィジーは、物価の安さが魅力! 外で生活したみたい! と思う方の多くが英語が喋れるようになりたい。 と思って留学を考えると思います。 ですから、良く頂く質問は 【英語が喋れないからホームステイができないですか?】 【自分の英語力ではチャレンジできるのか不安。。。。。】 など、英語に関するものが多くあります。 確かに英語も大切だと思いますが、 今までに1000名以上の中高生の留学を見てきた経験を踏まえ、 敢えて誤解を恐れず伝えさせて頂きますと、 本質は、英語力 … 留学生の受け入れに積極的で、留学環境が整っている点も魅力です。 日本人に人気のハワイは観光・旅行だけでなく、留学先でも大人気。英語を学ぶ語学留学はもちろん、ハワイ大学、コミュニティカレッジへの進学やその準備を目的とした留学も少なくありません。1年を通じて温暖な気候で過ごしやすいハワイは、勉強する環境にも最適。アメリカでもおすすめの都市のひとつですが、同時に人気観光地でもあるため、どうしても留学費用や現地滞在中の生活費用が気になりどころ。学生ビザの申請が不要な2週間から3ヶ月以内の短期留学、またアメリカへの大学進学を含む長期滞在の場合、費用はどれくらい必要でしょうか。このページでは、おすすめの語学学校で学ぶ場合の短期・長期の学校費用、またコミュニティカレッジ、大学にかかる費用を徹底紹介します。その他、アメリカ・ハワイでの短期・長期留学中に必要な生活費用についても、スーパーやレストランの利用で日本とどれくらい費用に違いがあるのかなど、あわせて確認します。, ハワイ、特にオアフ島ホノルルは1年を通じて過ごしやすい温暖な気候、美しい海とビーチに恵まれ、旅行だけでなく留学先としても大人気の都市。サーフィン、ボディボート、それからハワイならではのフランダンスなどのアクティビティ体験や、ショッピングセンターでの買い物などが人気の理由のハワイは、リピーターが多いのも特徴。英語留学で何度もハワイに渡航したことがある「ハワイのベテラン」も少なくありません。そのハワイに観光・旅行ではなく語学留学をする場合の費用はどれくらい必要でしょうか。短期2週間~1ヶ月、また半年以上の長期で語学学校に必要な費用や、ハワイでの生活費用(食費や交通費)を調べる前にまず、年齢ごとにおすすめのハワイ留学の種類を紹介します。, ハワイ留学の場合、高校生、大学生、社会人でその目的が違うため、おすすめも変わります。在学中の高校生なら夏休みを利用する短期間のジュニアプログラムが、高校卒業後なら進学準備が可能な留学先がおすすめ。また大学生の場合は夏休み、春休みを利用する1ヶ月以内の短期留学だけでなく、学校を休学しての長期語学習得、またはハワイのコミュニティカレッジ(コミカレ)やハワイ大学での英語コース、単位履修コースの参加も可能。長期の休暇が難しい社会人の方でも、休日・有給を利用しての短期留学や、キャリアアップを目的としたコミカレでの職業基礎コース、大学や大学院進学を目指す目的でハワイに留学する方も数多くいます。それぞれの目的に適したコース、おすすめの学校が必ず見つかるハワイ。早速のその留学費用が短期から長期、さらに進学でいくら必要か、以下で紹介します。, ハワイの語学留学費用についてまず、私立の語学学校で勉強する場合に必要な学費を確認します。このページでは、ハワイ・ホノルルのおすすめ語学学校3校で費用を比較します。各校の紹介は以下の通りです。語学学校グローバルビレッジ(Global Village,GV)ハワイ校は、ホノルルにあるアラモアナショッピングセンターから徒歩数分の立地の良さが特徴。またハワイにあって日本人比率が他の語学学校より低く、英語プラスアクティビティプログラムも豊富な点も人気・おすすめの理由です。次のICC、インターカルチュラルコミュニケーションズには日本人スタッフが常駐、ハワイでも安心して留学できるのが特徴。また留学生の国籍比率を調整、1つの国からの留学生が35%以上になると語学学校は入学許可を出しません。日本人留学生比率が必ず一定以下の点もおすすめ理由です。また、費用が比較的高いハワイ留学でも、安い学校費用で人気のアカデミアランゲージスクール(Academia Language School)。ハワイの語学学校でここまで費用の安い学校は他にありません。とにかく費用重視ならこの語学学校がおすすめ。このおすすめ語学学校3校の詳細は、ハワイ留学費用の紹介の後で詳しくご案内します。それではまず、ハワイでの短期2週間留学の場合にかかる費用をご案内します。ちなみに、ハワイ留学費用の比較表の条件は以下の通りです。, ※アメリカドル換算レートは2019年2月時点。お問い合わせ、お申込み時には別途その日のレートで計算します。短期・2週間のハワイ留学費用は、現地滞在中のホームステイ費用も含めて概ね20万円前後。中でも、ハワイにある語学学校で格安費用が人気のアカデミアランゲージスクールの場合、学費がやすいために合計費用も20万円未満に抑えられます。続いて4週間、約1ヶ月のハワイ留学に必要な費用の見積もりも一覧表で比較します。, 4週間、約1ヶ月のハワイ留学では現地滞在方法に学生寮であるレジデンスやコンドミニアムも選べます(最短滞在期間が4週間以上のため)。費用はホームステイよりも高いですが、プライベートな時間を持ちたい、ホストファミリーに気を遣わずにハワイ留学を楽しみたい方におすすめの滞在方法です。また語学学校までの通学時間が短い(ハワイの語学学校が紹介するレジデンスはいずれも学校へのアクセスが非常に良い)点も大きな魅力。このため、ハワイのレジデンス、コンドミニアムは非常に人気が高く、すぐに満室になります。私が留学エージェントだった頃、前日にハワイの現地学校からまだ空室があると返信があり、翌日留学のお客様をご案内したところ、現地語学学校スタッフから「もう満室」と回答されたことが何度かありました。特に夏休みや春休みのハワイ留学を検討中の場合、今すぐ留学ランドへのお問い合わせがおすすめです。また、ハワイの学校スタッフからの空室回答があればすぐに手続きを開始するのもおすすめです。※以下の費用見積りは滞在方法がホームステイの場合です。レジデンス希望の場合、留学ランドへお問い合わせください。すぐに無料の見積もりをご案内します。, 短期4週間(約1ヶ月)のハワイ留学の場合、費用は30万円前後ですが、語学学校による留学費用の差が大きくなります。また希望するコースや現地滞在方法、空室状況でも費用が変わるため、ハワイの短期留学をご検討中の場合、まず最新情報を留学ランドまでお問い合わせください。, 続いて約3ヶ月(12週間)のハワイ留学費用の紹介ですが、留学費用の差がどんどん広がります。またハワイはアメリカの1つの州で、学生ビザのルールは当然アメリカのものが適用されます。ハワイ留学前に知っておくべきアメリカの学生ビザの基本ルールは以下の2つです。, つまり、「ハワイ留学の期間が90日以内で、パートタイム(平日午前または午後の英語レッスン)参加なら学生ビザ申請は不要」です。一方、「フルタイム(平日の午前・午後とも英語レッスン)コースの参加なら、たとえ短期1週間でも学生ビザ申請が必要」です。つまり12週間(約3ヶ月)未満のハワイ短期留学では、学生ビザの申請・取得の費用や手間がかからない、午前または午後の授業のみのパートタイム英語レッスンがおすすめで、ハワイ短期留学の費用見積もりもパートタイムプログラムを前提に算出しています。なお学生ビザは不要ですが、日本人がアメリカに入国する場合、渡航前電子認証(ESTA)手続きが必要な点が注意点。詳しくは留学ランドへお問い合わせいの際に、別途ご案内します。, 上記の費用比較表のうち、Academia Language Schoolのみ、12週間のパートタイム費用が提示されていないためフルタイム英語レッスンで算出していますが、それでも最安費用でのハワイ・3ヶ月留学が可能と分かります。以上、3ヶ月未満の短期留学ではハワイ留学で学生ビザ申請は不要ですが、長期・90日以上のアメリカ滞在には学生ビザの事前申請が必要です。以下、ハワイのリピーターのみなさんが注意すべきポイントと共に、24週間、約半年のハワイ留学費用を紹介します。, アメリカ・ハワイ州で約半年・24週間の留学を希望する場合、渡航前にアメリカの学生ビザ申請が必要で、費用以上に重要なのが学生ビザの申請。この申請が許可されなければハワイでの長期留学はできません。特に注意が必要なのが、過去に1~2週間の旅行ではなく、ハワイで2ヶ月~3ヶ月の長期滞在経験のある方。すでにハワイで数ヶ月の滞在経験のある方が、新たにハワイの語学学校での留学を希望する場合、アメリカ大使館での学生ビザの審査が厳しくなり、却下される可能性も上がります。アメリカの学生ビザ却下理由は明かされませんが、考えられる理由の1つは「すでにアメリカ、ハワイでの生活経験があるなら、英語を今さら語学学校で学ぶ必要はない」ということ。学生時代に2ヶ月、友達とハワイに滞在経験のあったお客さまが、必要書類を揃え、語学学校の書類にも何の不備もなく、またアメリカ大使館でのビザ面接も問題なくこなしたものの、アメリカ大使館に学生ビザ申請を却下された例もあります。その際は、お客さまの留学目的を再確認、語学留学だけでなくコミュニティカレッジで学位取得も検討していたため、一度ハワイの語学学校への申し込みをキャンセル。あらためてハワイのコミュニティカレッジへ出願し、必要書類を揃え、また「アメリカ留学の目的、その後にアメリカで得た知識を日本帰国後にどう活かすか」を書いた英文エッセイも用意、学生ビザを再申請。無事に学生ビザが発給されました。このようにアメリカの学生ビザ申請は厳しく、特にハワイ滞在経験が豊富なリピーターの方に注意いただきたいポイントです。約半年・24週間のハワイ留学では、英語の勉強だけでなく、アクティビティ体験やハワイの現地生活を楽しむのも大切な留学目的ですが、次のハワイ留学ではコミカレや大学での学位取得を目指さなければ学生ビザの取得が難しくなる可能性が高いことを忘れず、英語力をしっかり身につけることが重要です。, 約半年(24週間)のハワイ長期留学にかかる費用は概ね120万円~170万円程度で、語学学校の学費のほか、ハワイ現地でのホームステイ滞在を含む費用。またこの費用には、アメリカ学生ビザ申請に必要な書類・I-20をハワイの語学学校から郵送してもらう際の国際郵送費用も含まれます。いずれにせよ半年のハワイ留学には学生ビザの申請手続きが必要なため、遅くとも留学希望時期の3ヶ月前には学校に申し込みするよう準備しましょう。, ハワイは短期の語学留学だけでなく、大学進学やその準備でも人気の留学先。特にハワイ大学へ進学を希望する日本人留学生も数多く、また1年の長期留学であれば大学・コミュニティカレッジでの勉強も視野にハワイ留学の目的を考えるのがおすすめ。ハワイ大学は3つの大学と11のコミュニティカレッジ(アメリカの2年制大学、日本で言う短期大学)で形成されていて、特にホノルル、ダイヤモンドヘッドの麓にあるカピオラニコミュニティカレッジは、日本の高校卒業後の進学先として非常に人気の高い学校です。約1年間・48週間のハワイ長期留学なら、留学中にカピオラニコミュニティカレッジへの入学が可能になる場合もあります。カピオラニコミュニティカレッジ入学に必要な英語力は、以下の通りです。, カピオラニコミュティカレッジは英検やTOEICスコアでも英語要件を満たせる点が特徴。英語力が足りない場合も、おすすめの語学学校、グローバルビレッジ(GV)ハワイ校やインターカルチュラルコミュニケーションズカレッジ(ICC)で規定英語レベルを修了すれば、カピオラニコミュニティカレッジへの入学が許可されます。英語力が1年の期間で、どれ程度伸びるかは人それぞれ。1年間のハワイ留学がすべて語学留学になるかもしれませんし、半年は語学学校での英語、もう半年はコミカレでの勉強にできる可能性も。1年間のハワイ留学目的や英語力をどの程度高めたいかの目標次第で費用が違ってきます。, 約1年間(48週間)、ハワイの語学学校で長期留学する場合の費用は250万円~300万円程度で、選ぶ学校次第で費用は大きく変わります。特に1年など留学期間が長期ほど、学校費用が安いアカデミアランゲージスクールは料金面でおすすめの語学学校です。なお、語学学校ではなくハワイ大学やコミュニティカレッジに留学する場合の費用は、このページ下部で紹介しています。, ここまでハワイの短期2週間~1ヶ月の留学費用から、半年以上の長期留学費用を紹介しましたが、重要なのは語学学校選びで、学校次第で費用もプログラム内容も大きく変わります。このページの語学学校の学費比較で紹介した、ハワイ・オアフ島ホノルルでおすすめの語学学校3校の特徴を以下でご案内します。, グローバルビレッジ(Global Village)はカナダとハワイに校舎を持つ語学学校で、「本気で学び、本気で遊ぶ」というコンセプトのもと、厳しい母国語禁止ルールでの英語レッスン、放課後には楽しいアクティビティ体験を豊富に提供しています。ハワイ・ホノルルの語学学校の中で、日本人割合が最も低く(時期による差異はあります)、留学費用が最安ではない語学学校ですが、参加学生からの口コミでの評価が非常に高い人気の語学学校です。, 日本人留学生数も多いハワイ留学ですが、Intercultural Communications College(ICC)は参加学生の同一国籍比率が35%を上回る場合、同国籍の学生に入学許可を出さない、国籍比率の維持が特徴の語学学校で、どれだけ日本人が多くても全学生の35%以下。また2017年には校舎がワイキキに近く観光にも便利なアラモアナショッピングセンターそばに移転、立地の良さからさらに人気の語学学校になりました。また学校には日本人スタッフが常駐、日本語でのサポートがあるのも安心です。, ハワイでの語学留学で、特に費用が安い学校として評判なのがアカデミアランゲージスクール(Academia Language School)。学校がある場所もアラモアナショッピングセンターのすぐ近くと観光にもショッピングにも便利な立地です。また安い費用以外のメリットが、特徴的なレッスン形式。他の語学学校のようなグループレッスンではなく、学校から提示される時間割の中から、受講したい英語レッスンに参加します。午前中はサーフィンをしたいから午後の授業に参加など、自分でハワイ留学中のスケジュールを計画できる点でもおすすめの語学学校です。, ハワイなど、アメリカの大学への進学留学の場合に、4年制大学へ直接出願する方もいますが、おすすめの方法としてコミュニティカレッジ(コミカレ、アメリカの2年制大学で日本で言う短大)に入学後、4年制大学へ編入する方法も。コミカレで2年間の基礎教養の勉強が終了後、4年制大学に編入可能ですが、このようにアメリカの4年制大学への直接出願ではなく、編入で進学を目指す人が増えています。その理由の1つが留学費用です。, アメリカ・ハワイのコミカレや大学入学には一定の英語力が必要で、またその英語力を身につける場として語学学校やコミカレの英語コースなどを利用できます。例えばハワイの語学留学では、語学学校へ通う、または日本にはないアメリカ独自の教育期間、コミュニティカレッジ(コミカレ)や大学付属の英語コースに参加する方法も選べます。それぞれの学校の特徴や違いを以下、比較表で解説します。, ハワイ留学の期間が短期2ヶ月未満の場合、コミカレや大学の付属英語コースは開始日が限定、かつ期間が少なくとも1セッションまたは1学期(3ヶ月程度)となり参加が難しく、この場合は語学学校での留学がおすすめ。語学学校は基本的に毎週月曜日からいつでも参加可能、留学期間も短期~長期間、希望に合わせられます。一方、ハワイ長期留学の場合は目的次第で選ぶべき学校が変わります。英会話力アップ、とにかく英語を話せるようになりたい場合は、少人数グループの英語レッスンがある語学学校がおすすめ。また語学学校は一般英語コース以外に、各種英語試験対策(TOEICやTOEFL、IELTSなど)やビジネス英語、ハワイならではの英語+アクティビティ体験プログラムも提供しています。ただしハワイ留学の目的がコミカレや大学への進学準備や学位取得なら、それぞれの学校の付属英語コースを選ぶべき。語学学校との大きな違いは、学習する英語がよりアカデミックな点。英語を聞き、話す力も学びますが、難解な単語や難しい表現での英作文、英語での自己表現、またコミカレや大学で講義参加に必要なノートの取り方、英語でのディベートに必要な力を身につけます。, 留学エージェントの中には、留学費用を抑えたい場合に「語学学校より、コミカレの方が安い」という理由でおすすめする会社もあるようです。ハワイのカピオラニコミュニティカレッジの約9ヶ月、アカデミックイヤーあたりのTuition(授業料)はUS$8,220。一方、グローバルビレッジ・ハワイ校の36週間の授業料はUS$240×36週間=US$8,640。確かにやや語学学校の費用の方が高いです。ただし実際はコミュニティカレッジや大学の英語コースの場合、学校の施設使用料や、やや高い教材費用が必要です。そうした諸費用を考えると、場合によってはコミカレの費用の方が高い可能性もあります。やはり語学学校かコミュニティカレッジを選ぶかは留学目的、身につけたい英語の内容次第。一方、4年制大学への直接出願と比較して、コミュニティカレッジの安い学費と入学しやすさはメリットです。, ハワイのコミカレ、カピオラニコミュニテイカレッジの学費と、ハワイの4年制大学に通う場合の学費はどれくらい必要かの比較が下記の表。ハワイ大学でも人気の高い、マノア校に留学生がアカデミックイヤー(約9ヶ月間)通った場合の概算費用は以下の通りです。, 上記費用は留学生がハワイのシェアアパートを利用、コミカレまたは大学で最低限必要な単位を履修した場合に必要な概算費用ですが、4年制大学、ハワイ大学マノア校の学費と、コミカレであるカピオラニコミュニテイカレッジの学費の差は1年で2万ドル(約220万円)以上になります。こうした費用差が、ハワイ大学への直接出願ではなく、コミカレからの編入留学が人気の理由の1つです。, それからもうひとつ、大学への直接出願ではなく、コミカレがおすすめの理由が、出願条件・入学資格の違いです。アメリカの4年制大学への入学には高い英語力(TOEFLiBT80以上、英検1級程度)に加え、全教科(基本教科だけでなく、保健体育や芸術・音楽など含みます)の高い成績平均点(GPA)が必要です。さらに難易度の高い大学では、学校の先生からの英文での推薦状や、英文エッセイ、課外活動歴(ボランティアなど)が必要など、入学資格のハードルが高くなります。一方、コミカレは英語力が低くても英語コースから学校に入学でき、高校卒業(学校によっては18歳以上だけ)が条件で、入学しやすい点が魅力。これがコミカレ進学が選ばれるもう1つの理由です。ハワイでの長期留学で、コミカレ・大学への進学やその準備を検討中の場合は、ぜひ一度留学ランドまでご相談ください。学校費用の見積もりなど無料でご案内します。, 続いて、ハワイ留学で学校費用以外の部分、ハワイ滞在で必要な現地生活費用や物価について確認します。ハワイで通う学校の種類や費用の確認も重要ですが、留学ではその他にもお金がかかります。学校以外に必要な費用と、ハワイ留学前に何を準備すべきかを紹介します。, ハワイ留学では、学校の入学手続き以外にも準備が必要なことがあります。日本からハワイまでの国際航空券や、留学期間中の怪我や病気に備えるための海外保険、さらにはアメリカ入国時に必要な事前渡航認証・ESTAや、長期留学の場合は学生ビザの申請もヒウ用です。アメリカ・ハワイ留学の準備と各費用、節約のコツは以下の通りです。, ハワイへの航空券購入にかかる費用は時期、航空会社などでさまざま。ただしWEBサイトで簡単に最安値を確認できるので、有効活用して最も安い航空券を購入すれば良いのですが、一つだけ注意点が。航空券は手配が早いほど良いフライト(直行便など)を安い費用で購入できますが、ハワイ留学では学生ビザ不要の場合は現地学校からの入学許可証が届くまで、学生ビザ申請の場合は学生ビザの許可が下りるまで、購入しないようにしましょう。理由は、語学学校に申し込みしたのにクラスが満席、または宿泊先が満室で、出発日の変更が必要な場合もあるから。また学生ビザ審査に時間がかかり、却下や、発給が出発予定日より遅れる場合も。いずれも購入した航空券の払い戻しが必要ですが、格安航空券の場合は返金なし、または返金があっても少額の場合がほとんど。お得な費用でハワイ行きの航空券を買ったつもりが、大きく損する場合もある点が注意点です。航空券費用を節約するには、早めに学校への申し込みを完了させ、ハワイ留学のスケジュールを確定させること。早めに手配を進めれば格安航空券の入手も可能です!, アメリカの語学学校やカレッジ、大学などへの留学で必ず必要な海外留学(旅行)障害保険。留学期間や保険のタイプで費用は大きく違います。保険会社のWEBサイトで自分に合ったものを選び、オンラインでの保険加入手続きがおすすめ。オンライン割引などもあり、安い費用で加入できます。カレッジや大学の場合、現地保険費用の支払いが必要な学校もありますが、これはあくまで現地医療保険。急な腹痛や事故、怪我などの場合、まだ英語に慣れていない状態で病院に行き、状況を説明するのは難しいもの。また海外の医療費は非常に高額で、保険を適用する場合でも最初は自分で負担した後で、英語の申請フォームを記入、提出が必要です。このため、少なくとも留学初年度、英語に慣れるまでの間は、日本での海外旅行(留学)傷害保険へ加入がおすすめ。24時間の日本語対応、および指定病院なら支払い不要で治療を受けられるのがメリットです。ハワイ渡航前にしか加入できないため、留学前の加入手続きが必要です。, アメリカの学生ビザルールおよびESTAについてはすでに紹介した通りですが、学生ビザはオンラインで申し込み手続きを行い、日本のアメリカ大使館または領事館で面接予約を取り、面接が無事終われば手元に書類一式が戻ってきます。この戻ってきた書類一式は、絶対にバラバラにしないこと。アメリカ入国時にまとめて入国管理官に提示が必要です。滞在期間90日以内(3ヶ月以内)かつパートタイムコースでのハワイ留学で必要なESTAの場合も、申請手続き完了後の確認画面を印刷、パスポートに挟んでおくのがおすすめです。, 費用の話に戻りましょう、ハワイ留学中の日常生活で必要な費用がどのくらいか、気になりますよね。まずは食事にかかる費用をチェック。ホームステイ滞在でも必要なのがランチ。こちらはわかりやすい某ハンバーガーショップのセット価格で検証します。ハンバーガーにドリンク、ポテトのセットで約US$9、これはアメリカ本土とほとんど一緒です。きちんとしたレストランに行けばチップも必要なアメリカ、まして観光地ハワイなら最低でも1食あたりUS$30以上が目安。ハワイ留学中の食費の節約には、出来る限り自分でランチパックを作る(サンドイッチや果物を紙袋に入れて学校に持っていく)など、極力自炊を増やすのがおすすめの方法です。もちろん短期留学の場合は食事も楽しみの一つなので、費用がかかっても良いかもしれません。ですが、長期語学留学、コミカレ・大学を目指す進学留学でランチを毎回外食にしていたら、大変な生活費用がかかることになります、もちろん夕食も同様です。語学学校だと毎週月曜日にクラスメートが到着したり、留学を終えて帰国するときにパーティとして外食することもあります。しかし、基本は自炊、常に費用計算をしつつ、無駄遣いをしないよう心がけましょう。ハワイ・ホノルルには、セルバンテスの書いた小説のタイトルのお店をはじめ、スーパーマーケットの選択肢は豊富。生鮮食品が日本より割高ですが、セールなどをしっかり狙い、生活費用を節約をしていきましょうね。また日本人留学生の場合、住む場所にこだわり、滞在費用が高くなりがち。最初はホームステイでハワイの生活に慣れ、ホストファミリーに家賃相場を教えてもらいつつ、予算にあったシェアアパートを探すのも現地生活費用を節約するコツです。, 学校に通学するにも、また週末に友達同士で出かけるにも必要なのが移動手段。ハワイ・オアフ島、特にホノルル周辺はバスの路線・本数が充実していますが(片道一律2.75ドル)、やや長めの留学なら定期の購入もオトク。以下のサイトで費用を確認できます。The Bus Adult Fare他にはUberやタクシーも利用可能。ですが、何事も節約、何度もしつこいですが、気を抜くとハワイ留学は費用、お金がとにかくかかります、無駄遣い絶対禁止!です。, ハワイ留学で必要な費用を、学校(語学学校やコミカレ・大学)、それから渡航後にハワイ現地で必要な費用に分け、紹介しました。人気観光地だけにあまり費用が安いとは言えないハワイですが、温暖な気候やビーチなどでのアクティビティ体験はやはり大きな魅力。楽しく留学できる場所ですが、ハワイで何をしたいか、はっきりとした留学目的を持って学校やプログラムを選ぶのも重要です。短期間のハワイ留学なら、学校生活だけでなく、リゾート地でもあるハワイのビーチで時間を過ごしたり、美味しいもの巡りをするのもおすすめですが、長期留学では、英語試験でのスコアアップを目的にプログラムを選ぶなども重要です。進学目的の場合は、学位取得、さらにその先にはOPT(アメリカで勉強した内容に沿って、1年間、有給で働ける権利)を利用して、ホテル業などに従事、キャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。その他、ハワイ留学に必要な費用のご質問、語学学校のお見積りや、直接の留学カウンセリングを希望される場合には(いずれも無料です!)、ぜひ留学ランドにご連絡を。経験豊富な留学カウンセラーがあなたのハワイ留学に関する質問、不安を解消、悩ましい学校選びもお手伝いします!, 人気観光地でもあるため、どうしても留学費用や現地滞在中の生活費用が気になりどころ。, 休日・有給を利用しての短期留学や、キャリアアップを目的としたコミカレでの職業基礎コース、大学や大学院進学を目指す, 短期・2週間のハワイ留学費用は、現地滞在中のホームステイ費用も含めて概ね20万円前後。中でも、ハワイにある語学学校で格安費用が人気のアカデミアランゲージスクールの場合、学費がやすいために合計費用も20万円未満に抑えられます。, 学生ビザの申請・取得の費用や手間がかからない、午前または午後の授業のみのパートタイム英語レッスンがおすすめ, 「すでにアメリカ、ハワイでの生活経験があるなら、英語を今さら語学学校で学ぶ必要はない」, 約半年(24週間)のハワイ長期留学にかかる費用は概ね120万円~170万円程度で、語学学校の学費のほか、ハワイ現地でのホームステイ滞在を含む費用。またこの費用には、アメリカ学生ビザ申請に必要な書類・I-20をハワイの語学学校から郵送してもらう際の国際郵送費用も含まれます。, 約1年間(48週間)、ハワイの語学学校で長期留学する場合の費用は250万円~300万円程度で、選ぶ学校次第で費用は大きく変わります。特に1年など留学期間が長期ほど、学校費用が安いアカデミアランゲージスクールは料金面でおすすめの語学学校です。, ハワイ・ホノルルの語学学校の中で、日本人割合が最も低く(時期による差異はあります), 費用が安い学校として評判なのがアカデミアランゲージスクール(Academia Language School), コミカレや大学の付属英語コースは開始日が限定、かつ期間が少なくとも1セッションまたは1学期(3ヶ月程度), 4年制大学、ハワイ大学マノア校の学費と、コミカレであるカピオラニコミュニテイカレッジの学費の差は1年で2万ドル(約220万円)以上, アメリカの4年制大学への入学には高い英語力(TOEFLiBT80以上、英検1級程度)に加え、全教科(基本教科だけでなく、保健体育や芸術・音楽など含みます)の高い成績平均点(GPA)が必要, コミカレは英語力が低くても英語コースから学校に入学でき、高校卒業(学校によっては18歳以上だけ)が条件で、入学しやすい, 学生ビザ不要の場合は現地学校からの入学許可証が届くまで、学生ビザ申請の場合は学生ビザの許可が下りるまで、購入しない, 留学初年度、英語に慣れるまでの間は、日本での海外旅行(留学)傷害保険へ加入がおすすめ, ハンバーガーにドリンク、ポテトのセットで約US$9、これはアメリカ本土とほとんど一緒です。, リゾート地でもあるハワイのビーチで時間を過ごしたり、美味しいもの巡りをするのもおすすめですが、長期留学では、英語試験でのスコアアップを目的にプログラムを選ぶ, コロンビアウェストカレッジ(Columbia West College)留学最新情報, Mentor Language Institute(MLI)ロサンゼルス・ウエストウッド校, LSI(Language Studies International) ニューヨーク校~留学最新情報, 1の日数以内で留学をする場合、週あたり18時間未満のレッスン・授業であれば学生ビザ申請は不要. 中学生の短期留学プログラム紹介ページです。高校生よりも時間的な融通がきく中学生は、一番留学しやすい年代と言えます。また対象プログラムが圧倒的に多いことから、バラエティ豊かな選択肢から自分に合ったプログラムを見つけられるのもこの年代の特徴です。 安定した治安、広大な自然など、海外が初めての方でも過ごしやすいポイントが多いんですよ♪ ドバイへ留学するときには、1ヶ月の期間であれば約30万円からの費用がかかります。日本と比べるとドバイの物価は高いので、家賃や食費などが割高になるのです。 ップ、ワーキングホリデーサポート等も充実のイギリス留学プログラムです。スピーキング重視の少人数制授業でしっかり英語力を向上できます。気になる費用からプログラムコースをご紹介。 中学留学は、私立校か公立校か、ホームステイなのか寮生活なのかなどでも費用は異なってきます。, 国によっては、留学生は公立中学校への正規留学ができないケースもあるので、留学したい国が決まっている場合は早めに情報を収集するようにしましょう。, できるだけ費用を抑えて中学留学がしたい!という方に、中学留学費用が安い国をご紹介します!   ニュージーランド中学留学について詳しく, マルタはヨーロッパ屈指のリゾート地として知られており、中学生や高校生のサマースクールなどでも人気の国です。 中学留学の費用やおすすめ国(アメリカ、フィリピン、イギリス … まずはエージェントに相談して、情報収集をすることから始めましょう!, 正規留学をお考えであれば、希望する学校の入学願書を取り寄せる必要があります。 外留学を目指す人のための【留学ジャーナル・オンライン】   フィジー留学について詳しく, 英語圏の中でも、比較的費用を抑えて留学ができるニュージーランド。 する「語学留学」のことです。1週間~1ヶ月の時間があれば、誰でも気軽に参加できます。 フィリピンの公用語は英語。多くのフィリピン人が流暢な英語を話します。またセブ島の短期留学は、授業の大半が「マンツーマン授業」で構成されているため、英会話を伸ばせる留学先としても注目されています。現在では年間30,000人以上の日本人が留学しており、国別の … 現地の友達やホストファミリーと触れ合うことで、今までに経験しなかった新しい世界が広がります。, ちょっと早めの時期から留学の機会を作り、日本での英語学習のモチベーションUPにも役立てられますよ!, そんなワクワクな中学留学のことをもっと知りたい方は、ぜひ留学エージェントのパンフレットを取り寄せてみてください。 短期留学の費用 同じ留学期間でも国の物価、選ぶ学校やコース、レッスン数により授業料が異なり、費用に大きな幅があります。 授業料と滞在費で1週間5万~15万円、1ヶ月13万~45万円が目安。 中学留学に興味はあるけど費用が心配で…という方は、サマースクールなどの短期留学の費用もチェックしてみましょう!, 中学留学にかかる費用は、学費・滞在費・生活費・渡航費・海外留学保険費・交通費・おこづかいなどです。, 中学留学ではホームステイもしくは寮での滞在となるため、学費や滞在費に生活費が含まれているというケースもあるでしょう。, こちらでは、中学校の長期休暇を利用して1~2週間渡航する短期留学と、現地の中学校に1年間通う正規留学の2パターンでかかる費用をご紹介しています。 中学生、高校生の留学のページです。学校選びから留学手続き、現地生活に至るまで、留学に必要な情報を網羅。留学セミナーや無料カウンセリングも実施しています。 外留学が身近になっています。留学したい! と子どもが言った時に行かせてあげられるよう、留学費用の目安を知っておきたいものです。 ですが、ある程度の英語力(語学力)があることで成長度合いも変わってくるので、日本にいるうちから単語をできるだけ多く覚えておくと良いでしょう。, 学期の始まる時期や成績の評価の方法、クラスがなく授業ごとに生徒が移動するなど、日本の中学校との違いはたくさんあります。 格安で留学できる国10選!フィジーやマルタ、スリランカ、ポーランドなど、意外なあの国でも英語が学べる?さらに大学教育が無料の国についても解説。お金をかけずに留学したい人必見。 早いうちからの語学習得で進路の幅が広がったり、自立心やグローバルな感性を磨かれたり…中学留学を経験することで、今までとはまったく違う人生を歩みはじめるきっかけになることでしょう。, 中学留学は、海外の中学校に進学、ボーディングスクールで寮生活を送るなど、いろんな経験ができるので、興味のある方はぜひ一歩踏み出してみてくださいね!, 卒業を目的とした正規の中学留学ができる国や進学できる学校が限られますが、まったくないというわけではありません。 留学をしたいと思った時、一番のネックになるのは費用面なのではないでしょうか。 事前に必要な金額を知ることで、資金をためる際の目標額が明確になり、留学までの時期も逆算できるようになります。 今回の記事では、人気の留学先を厳選し、学 そのため、日本の中学2年生であれば「8th Grade」といった呼び方をされます。, 国によって異なり、学校の部活よりも地域のクラブのほうが活発な国もあります。 日本は6-3-3年制ですが、例えばアメリカでは6-2-4年制や5-3-4年制が主流で、小学生から中学生まではひとまとめで考えられています。 スペイン 【スペイン】ヘタフェc.f.短期留学プログラム ドイツ 過去に実施したプログラムや、現在募集中のプログラムについてはこちらをご覧ください。 キャンププログラム. 英国名門校主催のサマースクール短期留学や世界の一流大学を目指す中学生・高校生の正規留学など、創業24年リピーター・ご紹介率70%の現地在住日本人エージェントが、安心で効果の高い留学を実現させるノウハウをご案内致します。 しかしながら、中学留学で利用できる奨学金制度は、決して多くはないのが現状です。, 都道府県や市町村などの団体によっては、中学生でも応募ができる奨学金制度を運営しているところもあります。 自分の住んでいる地方公共団体の奨学金制度を、ぜひ探してみてくださいね!, 留学期間にもよりますが、現地の中学への正規留学を目指すのであれば、1年前から準備を始めることをオススメします。 期間、語学を学ぶ場所としてもおすすめ。一方、人気観光地だけに留学費用は気になりどころ。 また、サマースクールなどの短期留学の場合は、参加したいプログラムを決め、申込みをします。 また、学校によって手続きに必要な書類は違いますので、あわせて確認するようにしましょう。 より現地に馴染んだ言葉を学校生活の中で身につけられるので、生きた言語の習得にも繋がります!, 全寮制であるボーディングスクールでは、学生と寝食を共にし生活していくことになるため、生徒や教師との距離がより近づき、密接なコミュニケーションを図ることができます。, 夏や冬の休暇を利用して行うのが、サマーキャンプや現地校体験などの短期留学。 ニュージーランドの祝日も合わせて掲載しているので、どんな1年間の流れになるんだろう?という方は、ぜひ参考にしてくださいね。, 海外の中学校に通う正規留学以外にも、中学生が参加できる留学目的としてサマースクールなどが考えられます。 美しい自然を活かしたアクティビティや、フレンドリーで交流しやすい国民性もおすすめのポイントです♪ ョンを向上させるために行くこと; 多様化する留学形態を正しく理解して、子どもの状況や性格に合ったものを選ぶこと; 短期留学はそれなりの費用がかかります。 中学生のサッカー留学プログラムの費用や詳細について.   マルタ留学について詳しく, 海外留学の費用を一部負担してくれる「奨学金制度」は、留学生にとってぜひ利用したい制度ですよね! ドバイ留学にかかる費用はどれくらい? ドバイへの留学は1ヶ月で30万円から. まずは気になる費用の面からご説明します。1週間の短期留学の場合の渡航費込の費用はどれくらいになるのでしょうか。国やコースによっても様々ですが、1週間の短期留学で20万円~50万円程度というデータがあります。 「本格的な留学の前に、海外の学生生活をちょっと体験してみたい」という方におすすめです。, こちらでは、ニュージーランドでの中学留学の年間スケジュール例をご紹介します♪ 小学生・中学生・高校生の夏休みの短期留学プログラム紹介ページです。 日本と同様に…というのは難しいですが、部活に参加することで新たな交友関係を築けるので、ぜひ参加してみてくださいね♪, 親元を遠く離れての中学留学…治安や生活環境など、心配することはたくさんありますよね。 オーストラリア留学に必要な費用(2021年版) 現在は法人・個人&大・小・問わず、オーストラリアの留学をお手伝いする「留学代理店」が増え、様々なサポートを行なっています。 しかし、留学代理店と言っても種類は様々。 国によっても異なるので、留学したい国が決まっている方は、まず国ごとの情報もチェックしてみてくださいね♪, 海外では、年齢ごとの学年の扱いが日本と異なります。 同じ英語圏でも、欧米と比べてトータルの留学費用を大きく抑えることができます。 渡航費も込みの費用なので、総額いくらくらいなのかという目安としてお考えください。, 海外の中学校に留学するとなると、現地の中学校の仕組みについても理解していなければなりません。 ただ、部活がある国でも、シーズンごとに活動する種目が変わったり、活動時間が短かったりと違う点が多いです。 選ぶ学校によって滞在方法も変わってくるので、留学中に何がしたいかも考えたうえで、どの学校に通うか決めるといいですね!, 公立学校の多くは現地の子どもたちが通っているため、さまざまな地元生たちと触れ合う機会をもつことができます。 中学校内に留学生を対象とした英語クラスを開いているケースもあります。 期休暇を利用して、1週間から参加することができるのが短期留学の魅力! 短期留学の費用に含まれる費用と含まれない費用、出発前または現地でかかる費用等について、小中高生の短期留学にかかる費用についてご紹介します。 資料はいくつでも無料なので、気になったものはいろいろと比較して、夢の中学留学プランを描いていきましょう♪, 留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。, 「留学の実現に向けた、はじめの一歩のお手伝い」をコンセプトに、留学を手助けするための情報提供やパンフレットの手配(無料)を行っています。, 公立学校に留学をする場合、多くは現地でホームステイをしながら通学することになります。, また、少人数制や文武両道を重視した独自の教育スタイルで、生徒としても人としても、より大きな成長が期待できるのがボーディングスクールの魅力!, ですが、まったくないわけではなく、たとえば佐賀県では「保護者が佐賀県内に居住し、高校や中学校等に在籍している生徒」を対象に、奨学金を募集しています。. また、サマースクールのような短期留学であっても、人気のものは人数に達して締め切られることがあります。 こちらでは、しっかりとした教育と安心の生活環境で中学留学に人気の国をご紹介しています♪, 留学生の支援体制が整っているニュージーランドは、中学からの海外留学でも安心!豊かな自然も多い国で、のびのびとした教育を受けることができます♪, 個性や自主性を重んじるアメリカの教育は、中学生にも人気。多感な中学時代をアメリカで送ることで、多くの刺激を受けること間違いなしです!, 治安が良く、留学生の受け入れにも積極的なカナダは、初めての留学にぴったり!英語がきれいなことでも有名で、中学からの英語習得にも最適です。, 自主性を育みながら、語学力やグローバルな感性も身につけられる中学留学。 ヨーロッパの中では物価も安めなので、コストを抑えて留学したい方にもおすすめ! フィリピン留学の費用はいくら?全期間(短期、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年、1年)すべての費用を徹底解説!「おすすめの格安学校」や「費用の節約方法」も紹介しています。フィリピン・セブ島留学を検討している方は必見。